かつらの違和感Ⅲ(自毛のカットは良いですか)

かつらを着けたときの違和感が、

「自毛のカット」に原因がある場合もよくあります。

自毛と混ぜ合わすように、同調させて装着する場合

(=頭頂部に装着し、サイドの自毛と合わせるケースが多いです)、

かつらの毛と自毛が程よく融合するように

最高の妥協点を目指してかつら・自毛のカットをしてゆくのですが、

それがうまく出来ていないことによっても

違和感を生み出してしまいます。

それがどういうことかというと、自毛でも

たとえば、どんなにうまくカットしても

一か月経ち、一か月半がたち、二か月がたち、

日をかさねるうちに、違和感が増していくのを経験されることで、

お分かりになると思います。

もともと、カツラを着けようとお考えになるとき、

自毛について悩むのは、だつもう、禿頭、薄毛、いずれの場合も、

頭頂部だけがペシャンコになる」、とか、

「横(側頭部)だけが、髪がふくらむ」、とか、

ヘアースタイルがアンバランスになってしまうこと

が根底にあると思います。

カツラを着けておられる方の自毛をカットする場合、

カツラの毛との融合を頭に描きながら、

できるだけ、毎日の装着に時間がかからないように、

少しズレても、おかしくないように、

装着しやすいように、・・・・・・

その他チェックしながら慎重に行います。

他社製品をご利用の方の自毛調髪も致します。

一度ご来店ください。

 

 

カテゴリー: かつらのQ&A   個別表示

コメントは受け付けていません。